登龍亭獅篭展2ー初日

「登龍亭獅篭展2」絵の描ける落語家登龍亭獅篭さんの個展です。

昨年6月にこの展覧会を予定していましたが、COVID-19の蔓延で延期にしました。実に10ヶ月の延期です。それなのに、ここ数日第4波とかまびすしく・・・しかしあの時とは違っています。あの時もギャラリーに営業自粛は言われていませんでしたが、獅篭さんのホームグラウンドである大須演芸場が閉鎖していたことを受けての延期でしたが、今回は演芸場も通常なので前に進むことにしたのです。

だからといって、感染しないという保証もなく・・・。
ただできるだけの態勢で臨むことしかできません。
こんな状況をご理解の上お出かけください。

落語家らしく世相を反映した作品の数々をお楽しみいただけたら幸いです。

また、毎日午後6時から開催される落語会(定休日20日最終日25日はありません)も定員10名(要予約・有料)です。お問い合わせの上お出かけください。
052-953-1839
withsns.prism@gmail.com

横尾忠則の時代ー最終日

「横尾忠則の時代」は本日最終日です。(午後5時まで)

激動の時代の中でそれぞれの作家の生き方が作品の中に生き続けていることが実感できる展覧会だったのではないでしょうか。

次回は4月15日から「登龍亭獅篭展2」を開催します。
落語家登龍亭獅篭さんの個展ですから、ぜひ毎日開催の落語会(要予約、有料)もお楽しみいただきたいと存じます。*20日休廊、休演

横尾忠則の時代ーバブル時代も

この展覧会の出品者5人は戦争も体験しているけれど、あのバブル時代も経験しています。

まさに天国と地獄。
どちらも狂乱の時代だったと言える。
強靭な体力と精神力を持って生き抜いたんだと思います。

ここにあるほとんどの作品はバブル期にかなり近い時代のものばかりで、田名網さんの版画集だって時代の恩恵の上での制作だった。

作品の大きさも今のものと比べると大きい。贅の限りを尽くした制作。こういうものが後世に残ることは実は大変意義深い。

作品はずっと形として残る。
作家の命が尽きても残る。
ありがとうございました、と彼方に頭を下げたい気持ちになる。

 

獅篭落語会ー豪華なゲスト

落語家登龍亭獅篭さんの個展が間近になりました。
個展とともに落語会も開催のことはすでにお知らせしておりますが、豪華なゲスト発表です。

15日 立川こしら(落語)
16日 立川こしら
17日 立川こしら 旭堂鱗林(講談)
18日 旭堂鱗林
21日 旭堂鱗林
23日 旭堂鱗林

17日は土曜日でゲストも2人、お席もあとわずかとなっています。

感染予防のためにお席は10人限定です。ご予約をお願いいたします。
052-953-1839
withsns.prism@gmail.com

獅篭さんの落語も出し物は日替わりの予定です。

落語会は15日(木)-24日(土)*20日休演 午後6時開演(5時30分開場)

入場料1回2,000円  2回3,500円  3回4,500円   4回以降は1回500

横尾忠則の時代ー戦争体験

「焼夷弾が落ちる中水槽の金魚が美しかった」という思い出が田名網敬一さんの作品には反映されているというエピソードがある。この話は私の中で特別なものとして残っている。人は時としてその状況とはかけ離れたその人だけが持つ強烈な感受性を発揮することがあるのだということ。

今回の出品者は全員戦争体験者である。
このことの影響が全くないという作家はおそらくいないのではないだろうか焼夷弾が落とされる中を逃げまどったり、今日の空腹を満たす術も持たなかったり。つまり生命の維持さえままならなかったという体験なのか、あるいは貧しくとも生命の危機にはなかったのか。それぞれの状況は違っていたのだろうけれど、みなその時代に生きた人々なのだ。

私にはその体験がないので確信がつかめないのだけど、とても気になる。
この展覧会を観に来てくださった方々と時代背景などの話をしていて、この5人の作家は確実に歴史の中にいた人々なのだと思う。それは古臭いという意味ではない。戦争はもちろんいけないことだけれど、これらの作品から教訓めいたことをくみ取ろうというのでもない。

あの日のあの時の感受性はずっときっと作品の中に生き続けていて、それはもしかしたら作者でも気づかないのかもしれないけれど。
もしかしたらこれはその欠片なのかもしれないと思うと、胸に迫るものがある。

登龍亭獅篭展2

2021年4月15日(木)-25日(日)*火曜休廊
正午ー午後5時

毎日午後6時より獅篭落語会(2,000円 複数回参加は割引)
定員制のため要予約   052-953-1839

横尾忠則の時代

2021年3月20日(土)-4月11日(日)*月火曜日休廊
正午ー午後7時(日曜日は午後5時まで)

横尾忠則はなぜ生まれたのか

横尾さんはパワフルだ。
いつもいつもずっとずっとパワフルだったし、これからもきっとパワフルなんだと思う。

少し時が違っていたら世に出なかった人なのだろうか?
私はそうは思わない。

横尾さんに対する知識が全くなくて回顧展を見たら、同じ人の作品だと思えないほど、作風は違ってきている。ずっと横尾作品を見続けているからなのどうかはわからないけど、私はそれが違和感なく受け入れられる。

息を吸うように時代を受け入れ、息を吐くように作品にする。
時代に合わせようとか、合わせなければという無理が全然ない人ではないだろうか。だからこそ素直に時代を反映した作品になるのではないだろうか。もちろん制作の苦悩はあるだろうけれど、とても素直な人なんだと思う。

「うろつき夜太」も「デジタル版画」も自分にとってその時代の一番楽しい作品創りをした結果なのだろう。

まだまだもっともっと絵を描き続けるんだろうな。

獅篭落語会のお知らせ

すでにFacebookページやTwitterからお知らせしておりますが、下記のよう「獅篭落語会」を開催いたします。

雷門一門は登龍亭と名を改めたのでしたが、COVID-19の蔓延で襲名披露も晴れ晴れしくとはいきませんでした。そしてそのまま6月に予定されていた獅篭展も延期ということになってしまっていたのです。この度ようやく「獅篭展2」を開催の運びとなりました。2019年獅篭展は「雷門獅篭展」でした。獅篭にとっては2回目の個展ですから2021年は「登龍亭獅篭展2」とさせていただくことにしました。
登龍亭獅篭は落語家です。絵も描ける落語家です。絵だけ見ていただくのでは獅篭を知ることにはなりません。個展会場で落語も聞いていただきましょう、ということでギャラリーで落語会を開催いたします。それも会期中毎日落語会。時節柄会場を満員にすることができませんので1日10人までの限定です。ご予約の上ご来場をお願いいたします。
開催日時     4月15日(木)~24日(土)*20日定休日
         開場午後5時30分開演午後6時
会場       名古屋市東区泉1丁目14-23ホワイトメイツ1F                            ギャラリースペースプリズム
入場料      1回参加  2,000円
         2回参加  3,500円
         3回参加  4,500円
         4回目以降は1回500円
予約       入場制限がありますので要予約
         052-953-1839
withsns.prism@gmail.com
満席など新しい情報はその都度こちらのFacebookページを更新しますのでチェックしていただけると幸いです。
毎日の会ですが、出し物は毎日変わるとのことです。
またゲスト日替わりです。
15日 立川こしら
16日 立川こしら
17日 立川こしら 旭堂鱗林
18日 旭堂鱗林
21日 旭堂鱗林
23日 旭堂鱗林

*ゲスト随時更新予定。

※定員…各回ご予約10名(ソーシャルディスタンス確保のため予約制)