藤原まゆみー小さな絵の展覧会2020

ぜ〜んぶ「アマビエ」です。

藤原まゆみさんが、この世の中からコロナが早く無くなってほしいと心から願ってくれています。

広くたくさんの方にこの姿を知らせなさいと「アマビエ」は言ったそうです。

藤原さんの楽しい「アマビエ」を飾ってみてください。

鳥居是典ー小さな絵の展覧会2020

韓国の民話が題材になっていることの多い鳥居是典さん。
これはどういうお話だったのかしら。

お互いの国にリスペクトを持つことが私たちのできる素敵な日韓関係を築く方法だと常々思っています。

たくさんの韓国民話を見せていただけると嬉しいです。

高北幸矢ー小さな絵の展覧会2020

「きおく」シリーズ夏バージョンには夏らしい何かが入っています。
今までのこのシリーズには入っていなかったものです。
「萌える」とおっしゃった方もいらっしゃいました。

そして「Win the Virus」展のときからのアマビエお札も引き続き販売しています。疫病封じを願ってのお札です。

板倉鉱司ー小さな絵の展覧会2020

板倉鉱司さんもコロナ禍が始まってから個展を開いてくださった作家の一人です。こういう時期にも「やるよ!」と言ってくださったことにプリズムは感謝しています。

お客様や作家さんに支えられていることを実感して、だからこそ30年もギャラリーを続けてこられたんだと改めて思えました。

その板倉さんが何だかまた新しいこと始めたみたいです。
凄いなぁ、個展が終わったばかりなのに。

勇気と元気が貰えます。

ギャラリーまでは行けないんだけど・・・とおっしゃる方、メールでも対応しています。

prism.tiisanae@gmail.com

 

谷口広樹ー小さな絵の展覧会2020

この展覧会の前は谷口広樹さんの個展でした。
谷口展は5月の予定でしたが、やっぱりコロナ禍の中延期していただきました。
自粛も解除になった頃に7月初旬ということにしました。展覧会は始めたものの日に日に感染者が増え続けとても不安な日々になってしまいました。
今、さらに不安は広がっています。悔しい。

そんな気持ちを受けて谷口さんは「疫病退散」の絵馬を展示(奉納)してくださいました。

この絵馬があればきっと安心安全、・・・のはずです。

登龍亭獅篭ー小さな絵の展覧会2020

漫画家でもある落語家登龍亭獅篭さんの個展は6月下旬のはずだったのですが、彼の本拠地である大須演芸場が閉館していたので個展も延期にさせていただきました。

夏頃には落ち着くだろうから個展は9月に延期しようと当初は決めていましたがそれが難しくなり、10月下旬と今はメドを立てていますが、それすら怪しくなっている現在です。

でも待っていてくださいね。
登龍亭獅篭さんは落語と展覧会がセットです。